今日もトト日和 TOTO'Z FACTORY フォトグラファー&デザイナーの秋山伸子です お仕事のことや日々のあれこれを綴っています 写真のサムネイルをクリックで各記事をご覧いただけます

持来

(画像提供スズメちゃん Thanks!!)
a0034287_0162786.jpg

「ええ天気や~~。気持ちええわ~。」
(今日はお勉強ですよ!ノンビリ遊ぶな。)

a0034287_0321649.jpg

「待て。」
「待ってるぜ!!」

a0034287_0323838.jpg

「よし!行けっ!!」
「うひょーーっ!!」

a0034287_0221366.jpg

「なによ・・アイツ。ちょっとばっかり上手だからってさ。」

a0034287_0325778.jpg

「アタシだって、ダンベル上手なんだからね♪」


今年に入ってから、いわゆる「訓練」をちゃんとしようと頑張る我がチーム。

たもんはボールに関しては「鬼スイッチ搭載」なので、ボールはいくらでも追う。心臓が止まるまで追うだろうと思うほどの熱狂ぶり。目は完全に「イッっちゃった」状態でヨダレでヌルヌルになったボールを「はい」と渡し、またすぐ「それ投げろ!」と怖いくらいの集中した形相で座るのだ。

でも、それではいけない。きちんとコントロールされた持来でないと。

1、脚側で座らせ、「待て」をかける
2、ボールを投げる
3、転がるのが止まったら初めて「よし、行け」とコマンドをかける
4、犬が取って戻ってくる
5、脚側につくか、正面停座で犬が座り、保持したボールを
  「出せ」のコマンドで出すまで咥えつづけること(カミカミしている時には取らない)

*ダンベル持来の場合も手順は同じ

ボールを見た途端、目の中に巨人の星のごとく炎がボッ!!と燃えるたもんには、この「制御された元で作業する」という事が出来なかったのだが、堀さんに教わり、すぐできるようになった。
教わると、「な~んだ」という事なのだけど、思いつかない。
一つ一つの動作を区切り、一つ一つ丁寧に正確に、間違いなく行うことが何よりも大事で、犬も興奮するばかりでなく、「落ち着いて」そして「意欲的に」作業できなくてはいけない。
「どうしてそうするのか、なぜそうしなくてはいけないのか」をきちんと、こちらが納得する説明を明確にしてくれるのがプロなのだと、こういう時に改めて思うのだ。
[PR]
Commented by とししげ at 2007-02-02 10:15 x
アルヴィンはただ投げて取ってくる、ってのだとすぐに飽きてしまうので早くから1~5の動きも取り入れてました。(走る以外の作業意欲が高いとはいえねーので)
意欲の低い犬の意欲を引き出すのにも使えますよね。
翻ってジェシカ。
テンション高くて3まではなんとか習得したけど、4以降がまだまだ出来ません~(ノД`)シクシク(ってか、ロングリード使え、って話しですが)
傾向と対策の違う犬にとまどいっぱなしです・・・
Commented by totozfactory at 2007-02-02 11:12
とししげさん>>
4が出来ない子は、まずはリード(普通の)をつけて手元でやってください。それが決まらないと遠方に投げるのは無理です。
手元が確実にできるようになれば、5までの基本動作が出来てるはずなので距離を伸ばせば良いのです。
また、執着するタイプで5の「渡す」を長い時間葛藤する犬(それはウチの犬も)は、同じ場所で「出せ出せ」と言わず、少し動いてもう一度座りなおしてやってみてください。
気持ちのリセットが出来るので、割合素直に座るはずです。

まずは目の前からの持来です^^
これを確実にしないとロングリードからの脱却が出来ません。
ということで、うちの犬達は最初からロングリードを一切使ってません。
Commented by mobi at 2007-02-02 11:26 x
ぱぷりかさん、たもん君、がんばってますね~ たもん君の持来の鬼、うらやましいなぁ。うちは未だにうひょうひょ~状態でたまにそのまま、持ち逃げです(><) やはり心を入れ替えてもう1度地道にコツコツやらんととは思ってるのですが・・・ なかなかねぇ(^^;
Commented by totozfactory at 2007-02-02 11:53
mobiさん>>
持ち逃げ、トトもしますよ。^^
やっぱりそういう子はもう一度手元から確実に出来るようにし、距離を伸ばすのが良いと思います。
ボールを投げたと同時にダッシュさせないようにするだけでも、だいぶん落ち着きますよ。
あとは、犬の口から確実に受け取るまで、最初はきちんと頭を抱く形で受け取るのも大事です。コマンドが出るまで勝手に出さない、コマンドが出たら落ち着いてボールを口から出す。
それだけでも服従です。
お部屋の中でも持来の練習は出来るので、ぜひ楽しむためにも頑張って~。
たもんは逆に、ボールしか見てないところがあるので、区切りながらきちんと作業する事(秩序)を教えることが大切です。
Commented by lalalatte at 2007-02-02 11:55
我が家もボールでの「遊び」はしますが、「持来」はまだ教えたことがありません。
しつけがきちんと出来たら先生に教えていただこうと思っています。
先生にも「とわは訓練性能がいい」って言われているので、楽しみです^^
でも私にはどこがいいのかまだよくわかりません(汗)
Commented by totozfactory at 2007-02-02 11:59
ミキさん>>
ぜひとも教わってください。
正しい持来は次への訓練のステップに必ずなりますから。
とわ君の訓練性能が良い、と言われるのは、シーザー=ミランの言う「エネルギーの高い犬」ということではないでしょうか。
エネルギーの高い犬は、エネルギーが余っているために外へと放出し、それが人から見れば問題行動になります。
ですがそれだけエネルギーの高い犬ですので、訓練への集中、物への執着などが高いということも言えるのです。上手に転換していけば、訓練を楽しむ犬になりますよ^^
逆にエネルギーの低い犬は意欲がないわけではなく、落ち着いた精神構造を持ち、むやみにエネルギーを外へ向けませんが、どの犬も必ず訓練性能は持ち合わせています。それを引き出すことは、エネルギーの高い犬よりも繊細な訓練が必要だと感じます。
Commented by とししげ at 2007-02-02 13:21 x
説明不足でしたね。
ジェシカ、テンションは高いんですが・・・・
物欲&咥え込みともに低いです・・・・(跳んで跳ねて走るだけ・・・)
引き取るときに「ボールは好きですが?」って聞いたら、「大好きだけど、取ってきません・・・」って。
ひっぱりっこは成立しないし、ボール咥えても、呼べば大口開けて喜んで飛んでくるから、ボールはどこぞへすっ飛んでっちゃうし・・・・・
なんとか自発と誘導を使って、咥え込みと物欲強化してきましたが、そろそろ強制もプラスしてみようかな、と。
でないと、いつまで経ってもも持来が成立しません~(。>0<。)ビェェン
飛越なんか、言わなくたってやるのに・・・・・(ノД`)シクシク
ええ、一応シェパードですから、持来出来なきゃ犬と認めてあげませんです、はい。
ハスキー雑種のアルヴィンはお使いまで出来るって言うのになぁ・・・
Commented by totozfactory at 2007-02-02 19:03
とししげさん>>
トトも別の訓練士には「トトはヘタレやからダンベルなんかできへん」と言われてオシマイだったのですが、今は尻尾フリフリ。楽しそうにやりますよ。
持来の訓練は、どの犬も絶対出来るようにはなるのですが、教え方にコツがいります。
一つずつ段階を踏んでそれを踏襲していくと、必ず楽しそうに咥えるようになるんですが、ちょっと文章じゃ難しいかなあ・・。
トトは引っ張りっこなども使ってません。常に落ち着かせて横に座らせて咥える動作を淡々とやってきただけなんです。
もともとトトもボールは追えど、どこかへポイして自分だけ戻ってくる犬でしたよ。でもそれは私のやり方が全面的に間違ってました。
うちの方法は基本は「絶対叱らない、むやみに興奮させない」です。
うーん、実際お見せできるといいんですけどねぇ・・。
Commented by fielddiary at 2007-02-03 00:08
今日訓練所行ったら先生が「たもんがすごくよくなってきとる。」って言ってたよー!(^^)「油断はできないが。」とも(爆)
でも、ほんとによくなってきてるって嬉しそうだったよ!
Commented by totozfactory at 2007-02-03 00:27
はちママさん>>
ほんと、「油断大敵火事おやぢ(違)」なのだ。
有り余り鼻の穴からあふれるエネルギーは持ってるので、それをいかにこちらがアドバンテージを奪われず制御できるかがカギかな。
シーザー=ミランの提唱する方法のように、最初にとことん運動させてから躾た方がスムーズに行くだろうなとは思うんだけどね。
あの竹やぶ、ドッグランにしてほしい~(笑)。
Commented by とししげ at 2007-02-03 01:09 x
>トトは引っ張りっこなども使ってません。常に落ち着かせて横に座らせて咥える動作を淡々とやってきただけなんです。

あー、うんうん。
イメージは伝わりました。
噛み付きガウガウでトリミングできません、って犬をブラッシングから慣らしちゃうときのやり方かな~と。(ポン太だ、おめぇだ)
しかれば逆ギレして、押さえ込めば舌が紫色になるまで興奮してましたもの。>もちろんポン太くんね
今じゃすっかり、フルセットのトリミングお願いできる犬になりましたが。
試行錯誤があったので、2年以上かかっちゃったのか彼にとっては可哀相だったかもですが。(もう、すっかり12才だし)

ヒントいただけたと思います。ありがとう。
ゴミ拾いとか、興奮しない物品だったらモッテこれてますから、持来完成までもう一踏ん張りかと思います。
頑張りますぅ~。
by totozfactory | 2007-02-02 00:30 | 犬のしつけ・訓練 | Comments(11)