今日もトト日和 TOTO'Z FACTORY フォトグラファー&デザイナーの秋山伸子です お仕事のことや日々のあれこれを綴っています 写真のサムネイルをクリックで各記事をご覧いただけます

持来 「興奮」と「意欲」

ボール(ダンベル)を投げる。
犬が走って取りに行く。
持って帰ってくる。
渡す。
おしまい。

たったこれだけの行為なのに、そこに大切なものが凝縮されている。

ただ投げるだけではいけない。
犬が勝手に走って行くのはいけない。
持って帰ってきても、勝手に口から出してはいけない。
受け取ってもすぐ投げてはいけない。

そこには「けじめ」が介在する。

きちんと待たせる。
犬には「マテ」をかけておき、ボール(ダンベル)を投げる。
ボールの動きが止まったとき、初めて「よし、行け!」と犬に命じる。
犬が取って戻ってきても、カミカミしている間には取ってはいけない。
まず、「スワレ」で座らせる。または脚側停座をさせる。
しっかりと犬を褒め(この場合、「興奮させる」行為ではなく、その行動がよいのだと褒めるだけ)、「ヨシ、ダセ」と命じてから、犬の口からボール(ダンベル)を両手で受け取る。
また「マテ」から繰り返し。

たもんは、物品欲が異常に強いので、「マテ」が出来なかった。
投げると勝手に走って行き、意気揚々と咥えて戻ってくる。
そしてカミカミしたあと、「はい」とボールを渡す。
そして即座に「投げろ」と自分で集中し、次のボールを投げる動作を必死で見つめていた。

持って来るという行為は私は一度も教えてない。たもんが赤ちゃんの時から勝手にやっていたことなので、私はボールを投げるだけ。
止めない限り彼も止まらない。きっと心臓が止まるまでやるだろう。

そこには「けじめ」が介在していない。
確実に集中して持ってくるので、服従しているように思えるが、そうではないのだ。
ボールだけは彼がガウガウ噛み噛みのときから、問題なくやっていた事なのだから。

彼にとっては私はバッティングマシンを同じで、ただ着実に投げさえすれば良いのであって、一連の行為は全て彼の取り仕切りで行われていた。
「持って帰って来る」行為に騙されてはいけない。

人が制御し、けじめをつけながら、同じ行為をする。
それが「訓練」だと思う。

けじめをつけていると、犬のテンションを下げるように思われるが、それは違う。
テンションはそのまま、興奮をさせないのだ。
そこが私も勘違いをしていた。

ボールを人が取った後、犬が興奮状態のまま、人にビョンビョン飛びついて「早く投げろ!」と催促している行為は、ただ興奮しているだけで、犬のリーダー行動、文句行動(飛びつき)を許しているだけなのだ。
私も以前は、とにかく持ってきたら、大げさに褒め、体を撫でたり、叩いたりし、トトが飛びついてくる行為も「喜んでいる」と勘違いしていたので、「ヨシヨシ!それ!」と次をすぐ投げていた。
トトは大喜びで走って取りに行くが、私に取られたくない、渡したくないという気持ちになるので、手の届かないギリギリのところでピタリと止まり、カミカミしながら渡さない。
その場で伏せて、心行くまでボールをカミカミしようとしていた。
取りに行くと、ヒラリ、と逃げる。イライラしてきた私は「来い!」とキツく言ってしまう。
余計に来ない。しぶしぶ来ても「取られたくない」と思う気持ちが強いので、次回も持ってこない、という悪循環に陥っていた。

正しい持来を教わることで、トトにも変化が出た。
ダンベルもドナドナ~~・・・ボールは適当。追うのは好きだけど持って来るのはどうでもいいわ~のトトが、コマンド一発、ボールやダンベルに向かって飛んでいく。
そして嬉しそうに咥えて持って帰ってくるのだ。
落ち着いた犬だけど、テンションは高い状態。尻尾ふりふり顔はニコニコ。
落ち着いている分、たもんより制御が出来る。
こうやって嬉しそうに走って行くなんて、思ってもみなかった。

以前トトが教わっていた別の訓練士さんがトトにダンベルをやったとき、トトはダンベルの両端のでっぱり部分を斜めに噛んで持ってきたが、持って帰ってくる途中でポイと落とした。
その訓練士さんは「トトはヘタレやから、強制はできないわ。もうこの年齢になったら拒絶が強いし(その時点でまだ4歳くらいだったと思う)」と言い、ダンベルはそれ以降全くしなかった。
私もずっとトトはヘタレ(=訓練はダメ)、という言葉が刷り込まれていた。

たもんは○○が向いている
トトは○○が向いてない

堀さんは「そうじゃない。トトは落ち着いた犬なだけ。トトだって能力は持っている。必ず嬉しそうに出来るようになるから。」と言っていた言葉はウソではなかった。
落ち着いた犬の方が、その秘めた能力を引き出すのにテクニックが必要なだけだ。一旦引き出されると、次からはいつでも、いくらでも出来るようになる。テンションも上がる。

トトもたもんも、訓練においても大げさに胴体を叩いて「ヨシヨシ!!」という行為は一切していない。淡々とコマンドを出し、きちんとできたら優しく褒めてやるだけだ。
どちらの犬にも必要なのは「けじめ」だけだ。

ダンベルの端っこを適当に咥えていたトトが、勢いよくダンベルに突っ込んで行き、真ん中をしっかりと噛んで保持し、持って帰ってくる。
「ダセ」のコマンドが出るまで、落とさず、カミカミもせず、きちんと噛んでいるのだ。
7歳になって初めて教わっても、正しく教えれば年齢も関係ない(もちろん犬種も)。

シーザー=ミランも「興奮している犬は喜んでいるわけではない」と著書に書いている。
「興奮」は「意欲がある」「テンションが高い」事とも違うと、こういう訓練を通して見るとよく分かるのだ。
[PR]
Commented by ami at 2007-02-23 09:15 x
あなたのお奨めのシーザーおじさんの本、今読んでおります。
めずらしく、犬の本を手に取りました。
いや、ホントはダンナに読ませたくて買ったのだけど。

犬でも人でもそうだけど

その事を楽しむ 楽しいと思う エンジョイする という行為は
「集中」して、落ち着いていて、充実感を伴うけど

興奮する という状態は

集中していなくて 自我が乱れて 真に楽しんでいるのではない

ということだものね。


ところで、ラブは、ボールキチガイが多いと思っていましたが
この本により、「きちんとたて順序が出来ていない犬が多い」だけ
なのだと判った次第。

ボール飲んで腹切開 なんて話が普通のラブの世界ですが
笑ってる場合じゃねぇなぁ、なんて思いに駆られました。

犬種による「差」で、判断しすぎているのでしょうねぇ。

う~ん 深い。
読破したら、ちゃんとウチの方にも感想を載せますわ。

やっとここに書いてあることが理解できるようになった♡
Commented by lalalatte at 2007-02-23 12:56
アジリティーをしていて言われることなのですが、「テンションの高いコの方が向いている」と。
とわとてんは全くタイプが違っていて、ボール命のてんはアジ練習の時にはボールを出してもらえるのですごくテンションがあがります。
そういう意味でアジをしている人からは「てんの方がアジ向き」と言われるのです。
とわはどちらかというとアジの時は静かで走りたくて興奮して吠えることもなし。
なので「あまりヤル気がない」と思われます。
でもどっちがハンドリングしやすいかというと、私にとってはとわの方がやりやすいのです。

上のクラスなんかを見ていると、興奮しやすいコほど失敗が多いように思えます。(コースが複雑になるので)
スピードだけではダメなこの競技、訓練所へ行くようになって違う角度で見るようになりました。

Commented by ミルフル at 2007-02-23 15:59 x
こんにちは!
いつも楽しみに読ませたもらってます
我が家のワンはボール遊びをすると近くまで持ってきて
伏せてカミカミはじめます
いつも取り上げてしまうのですがだめなんですね^^
でも、そのままにしているとずーっとカミカミしています
どうしたらいいんでしょう?
Commented by totozfactory at 2007-02-23 23:29
あみちゃん>>
そうなの。うちは堀さんに早くから、「拾い食いは不服従の証拠」と言われてた。たもんが切腹を繰り返したころかな(遠い目)。
ボールを飲む子って、同じじゃないだろうか。
シーザーさんがどのように犬とボールをしてるか分からんけど、でもやっぱり規律の元、やってると思う。
きちんとルールを教えてやれば、どの犬だってちゃんとボールは出来るよね。訓練所にもやんちゃなラブは一杯来てるよ(笑)。
犬も子供も、興奮状態はエンジョイとはイコールではないよね。
Commented by totozfactory at 2007-02-23 23:32
みきさん>>
アジにおいて、寸前までバリケンから出さず、テンションを高めていっきに爆発させるのは、良い方法でもあるんですが、ここでケジメが出来ていないと犬が吹っ飛ぶだけで「即刻失格の笛」がピーです(笑)。
優秀な犬はテンションは最高の状態でも、常にハンドラーに集中し動いてるはず。そこには興奮は存在しないと思います。
とわちゃんも、そのあたりが出来るようになれば、てんちゃんに負けないくらい高いテンションでアジリティが出来ると思いますよ^^
Commented by totozfactory at 2007-02-23 23:39
ミルフルさん>>
初めまして^^
遠くに投げることをせず、まずはリードをつけて手元で始めてください。
それが出来るようになってから、距離は伸ばすべきです。
リードをつけて、横に座らせ、「待て」と命じ(手でサインを出しても構いませんよ)、目の前にボールをポンと投げます。
ボールが止まったら「よし、行け!」というようなコマンドを出し、犬を動かしてください。
犬が咥えたら「ヨシヨシ!」と言いながら少し下がってもいいですから、戻るようにしてみてください。
もう一度座らせ(できれば脚側停座)、左手で首輪を持ってもいいですから、しっかりと首を抱き、「よし、出せ」と言ってボールを取ります。イヤがってもこの方法だと、がっちりと抱いているので、犬は逃げられないはず。犬が素直に出したら「ヨシヨシ」と後頭部を撫でたり、マズルを撫でたりして十分褒めてあげてください。興奮させる必要はありません。
そしてまた「待て」をかけ、投げることを繰り返します。
上手に出来たら3回ほどでやめてください。ひつこくするとよくありません。
これが手元で確実に出来るようになることが大切です。(続く)
Commented by totozfactory at 2007-02-23 23:41
(続き)
これが「持来」です。
うまくいくようになったら、ボールの距離を伸ばしてください。
ロングリードにしても構いません。
犬がリーダーのままでは、この持来もうまくいかないので、躾をしていくことも大事な要素です。
*追記
犬が戻った時、脚側停座につかない場合は、最初からそれにこだわらないで下さい。座った位置に人が移動し、脚側停座の形になれば良いのです。すべてを一度に完璧に出来るようにしなくても構わないのです。
あと大事なのは、人がイライラしない。犬を叱ってはダメですよ。
Commented by 3doglife at 2007-02-24 03:05
なつかし~・・・シェパの時は、行けまで待たせる。出せまで咥えておかせるんだよーと教わりまして、
ラブの時には、咥えて持ってくるのは本能だからね~。と言われ、
んで、「落とさずキャッチ」「探して持ってくる。」「追って捕まえて持ってくる」
のバリエーションを付けてそれぞれ指示に従わせろと言われました。
生後一年未満の頃で、試験は一ヵ月後だと・・・なんのアドバイスもナシ。
(師匠んちの半年のラブたちは楽々やってるしー!!)
なんとかクリアしたら、2つ3つボール投げて指示した順番に取らせろと。
正直、頭沸騰しそうで生きてる実感があったわー。
今のテリアが気分でやらない。イカンナーと思いつつサボってますわ。
反省反省。といいつつ、引っ張れと押せができるからいいかと・・・。
嗚呼、人間は楽な方へ流れる生き物なんですね。(涙)
ホント、叱ったらそーとータフなラブでも咥えなくなりますね。

Commented by totozfactory at 2007-02-25 01:43
3どっぐさん>>
堀さんとこは、持来はみんな同じなんです。チワワもプードルも、ドベもこの方法でやってるの。ラブもね。^^
たもんは、逆にボールを渡したくなくていつまでもカミカミしてたり、待てが効かなくてドピューン!と吹っ飛んでいくのを教わりました。
しかってはいけないけど、不快刺激は入れるときは入れてます。
そのあたり、やっぱり教わらないと難しいっすよね。これだけ教わっててもいまだに混乱する私はやっぱりアホなのだと・・(とほほ)。
by totozfactory | 2007-02-23 02:11 | 犬のしつけ・訓練 | Comments(9)