今日もトト日和 TOTO'Z FACTORY フォトグラファー&デザイナーの秋山伸子です お仕事のことや日々のあれこれを綴っています 写真のサムネイルをクリックで各記事をご覧いただけます

クレートって必要ですか?

a0034287_13525338.jpg

トトの「巣」

*メッシュが破れているのはトトちゃんのケツ圧です。でも出入り自由なので、そのまんまにしてます^^;
ファンシーな安物の羽布団を上にかけてるのも気にしないで下さい^^;
(夜は布団で覆ってしまいます。するととっても暖かいのです。
a0034287_13542654.jpg

たもんの「巣」

*クッションカバーが破れているのは、ヤツがやったことです。それでも被害は少なくなったもんだよ・・(以前はバリバリに破壊したりしてたもん)。ちょっとは成長したと、あまり細かくは言いません。はい。
たもんの巣も、夜はフリースや、とことん寒いときはダンボールで覆って真っ暗にしてやります。

よく、いろんな犬飼いの人に「家の中でクレートに入れないといけないんですか?クレートって必要ですか?」と聞かれます。

私は「はい。必要だと思います。」と答えます。




うちの犬達は、夜しかクレートに入りません。たもんのケージはたもんが入ったら扉を閉め、翌朝の朝ごはんまで出しません。
トトは24時間フリー生活です。以前はこのたもんが使ってるケージに入ってました。
メッシュケージは、破れてしまってるし、出入り自由だから、彼女は好きな場所に寝ても良いとしてますが、それでも夜中は2回ほど「ベッドに入れて」と来ますが、短時間で暑くなるので、ほとんど自主的にここに入って寝ています。
どこに寝ても構わない、と認めていても彼女にとっては「私の場所」なのです。私が仕事をしている時も、この中で寝ている事が多いです。


たもんは、トトのようにお行儀が自主的に出来ない段階ですから、フリーは認めてません。
それでも昼間は留守番せてもなにをさせても、黙ってソファや床の決まった場所に寝ていることが出来るようにまでなってきました。
(たまに雑誌を破いたりするけど)
その時も「ハウス」をたとえ命じたとしても、彼は素直に一発で入ります。
24時間フリーの生活は、選ばれた犬だけが出来る「特権」だと私は思います。



クレートやバリケンなど、ハイカラな名前で呼ぶより、私は「巣」と呼ぶ方が、しっくり来るような気がします。

家の中はその犬達の「なわばり(テリトリー)」です。彼らはテリトリーを守るため、番犬をしたり、1日中「仕事」をしています。
本来、テリトリーの見回りや、敵の進入を真っ先に見つけ(常に警戒し)、排除にかかるのは、リーダー犬の役割です。リーダーの攻撃と共に、従っている仲間も攻撃します。
「攻撃」とは、実際噛み付くなどの行為だけでなく、「吠え掛かる」行為も敵を排除するための攻撃の一つです。

私は、堀さんに「犬の世界に人間が入った状態はいけない。人の世界に犬を入れないと。」と言われ続け、教え続けられてきました。
人がリーダーとなる世界では、従うべき者達(犬達)はリーダー行動を見せません。
来客が来ようと、配達が来ようと、目を向け、注意を払いますが、「リーダー、あとはよろしくね」と自ら敵の排除には向かいません。
ピンポンが鳴った途端、激しく吠え、先頭を切って玄関に突っ走っていく行為は、リーダー行動以外の何物でもありません。

犬にとって、家の中は自分の居場所、なわばりなのですが、そこにはやはり個々のくつろぐべきスペースが必要だと私は考えます。

「仕事」をしなくても良い場所です。

広い縄張りの中でも、そこにいると安心して眠れる。ここは私だけの場所---
そういう役割の「巣」は犬の精神の安定のためにも必要だと思います。

なので、堀さんは、「犬がケージに逃げ込んだら、絶対追い詰めて引きずりだすなんて行為をしてはいけない。ケージの中に犬が逃げ込んだら、自主的に出てくるまで知らん顔するしかないんじゃ。だから、躾をする時にはケージは閉めておかんとイカンよ。」と言います。

人もまた、犬の安心できるスペースを侵してはいけない。

「自由に家中を好き放題動ける方が、犬にとっては楽しいじゃないか。人間も犬の気持ちを尊重してあげたいから」と言う方がいますが、それは違うと思います。

たとえ、家のスペースの問題で、クレートやケージが置けなくても、その犬専用の場所をきちんと作り、「ここはお前の場所」としてあげることが「尊重」なのです。出来れば背後も側面にも壁がある比較的閉鎖的な場所が望ましいと思います。

「私の場所、私の巣」がある犬はむやみやたらと家の中をウロウロしません。
また、留守番をしている時は、きちんとその場所で眠って待っています。

たもんは、かつて、自分が眠りたい時以外に「ハウス」を命じられるととことん拒否し、「うがーー!」と食ってかかったり、いつまでウロウロと逃げ回ったりしていました。
そんなたもんでも、自分がきちんと眠りたい時には、黙ってケージに入り、扉を閉められても文句も言わずグースカ眠っていたのです。

彼の「自由」を尊重し、ケージを置かず、室内フリーにしてたら、彼は夜中でもウロウロしたり、人を呼んだり、モノを破壊したりしていたでしょう。
彼にとっては家の中にいようが何しようが、「なわばりを動き回るのなら、警戒という仕事を一瞬も怠ってはいけない」のですから。

また、「ハウス」は大切な躾でもあります。
命じられたとき、素直に入る事が出来ない犬、入ってもすぐ「出せ!」と吠えたり暴れたりする犬は、その犬がリーダーなのです。
吠えるから、うるさいからと、すぐ犬を出しては、ますます犬のリーダー行動を認め、「人が犬の世界にいる」「犬に支配されている」状態に拍車をかけます。
いつでも、どんな時でも、「ハウス」と命じられたら素直に入ることが出来、「出なさい」という指示がある時まで大人しく入っている事が出来てこそ、「従うべき者」なのです。
(出るときにも、扉を開け放たれても、指示があるまで勝手に出てはいけない。これが「けじめ」です。)

ケージに入れる躾は、病院に入院させる、車に乗せる、他人に預ける、などの機会にも、大変重宝されます。
我が家は車はフリーで乗せてますが、犬達には「ハウス」というコマンドを使います。
犬達も、後部座席が自分達のスペースであることを認識しています。

病院に預ける場合でも「ハウス」のコマンドで素直に入ります。閉鎖的な空間は、病気で入院する犬にとっても、安心できる場所でもあります。(入院ケージはたいてい背後も側面も壁だから)

もし、病院でも、自由な状態に置かれていたらどうでしょう?
犬は病気でも何でも安心してその場に居れないでしょう。

日頃から家の中でも「巣」を作ってやることで、「そこに入ると安心」という条件がつきます。
その条件は上記のような場面でも生かされるのです。

暗く、狭い空間で良いのです。もともと犬は穴にもぐるのが大好きな動物だからです。
人が布団をかぶると安心して眠れるように、犬にも安心して休める場所が必要です。


ですから、ケージやクレートを「罰」の場として使ってはいけません。
「悪いことしたから入ってなさい!」は犬には通じないのです。
それをすると犬はますます入ることがイヤになり、「安心できる場」から遠ざかっていきます。
無理やり入れられた犬は、不満を抱き、「従うべき者」だと思っている人間に対して文句行動を起こします。
もし、拒否する犬に対して「ハウス」とあなたが命じたのなら、どれだけ時間がかかっても、どれだけ犬が逃げまわっても、必ず最後にはケージに入れてください。
一旦命じたコマンドは絶対で、逃げ得をさせてはいけません。

犬は人より頑固なことは言いません。
拒絶していても、きちっとした手順で正しくケージに誘導すれば、最初は怒って暴れていた犬も、納得し、すっと入るようになるのです。
こういう事一つとっても「納得」が必要です。
これをとことん繰り返し、「ハウス」で「素直に入る」条件づけを強化するのです。
抱きかかえたり、押し込んだりして無理やり入れては次回から拒絶はさらに強くなります。
そこには「納得」が存在しないのですから。
[PR]
Commented by くらくら at 2007-02-27 16:40 x
オォォォォォーw(@0@)w
耳が痛いでっすぅぅ~~~(T_T)
ウチは、元々、苦労してバリケン(ハウス)を躾けたんですね。
で、夜のネンネの時のみ、バリケンに入っていたのです。
昼間?昼間は、もう一個、円形のベッドがあってそれが、オヤツを
食べたり、眠ったり、グズグズしてみたり~の場所なのですよ。

しっかし、昨年末~現在・・・バリケン未使用です。(涙)
アタシのベッド横に、台を置いてその上にお布団を置いて、
寝かせていまふ。

クラちゃんと、くらくらはお隣同士で眠っているワケでごじゃいまふ。

あぁぁ・・・バリケン生活に戻さねばーと思いつつ・・・・
「スー♪ピー♪んがー♪」と、聞こえる隣の寝息に
癒されるアタクシ。

イカンのぉぉ。イカン。イカン。
Commented by totozfactory at 2007-02-27 19:03
くらくらしゃん>>
↑のpostにも書いたとおり、「特権」を与えられた犬はいいんです。
「ハウス」と命じられたらちゃんとケージにも入れるでしょう?
大人しく何時間でも行儀よく、飼い主であるリーダーが戻るのを待っていられるでしょう?
「権利」の行使には「義務」を果たさなくては。それが出来る犬だけが特権を行使できます。
クラちゃんが問題なく、リーダー行動をせず、過ごせているのなら、それでいいんです。
Commented by くらくら at 2007-02-27 19:33 x
★24時間フリーの生活は、選ばれた犬だけが出来る「特権」だと私は思います

あーん(:_:)見過ごしてまちた。
確かに、お行儀が出来ない内は、家中フリーなんて事は
してなかったですね。
ある程度の私が、「ここまでは。」と決めた躾け範囲ができるように
なってからですね。
今は、家中フリーです。
でも、入ってダメなトコに行こうとする時は嗜めますし、
彼女も逆らう事はありません。
そうやって、躾けてきたせいもあるかもですが、犬種(ラブラ)的にも
性別(女の子)的にも、性格的にも、「リーダーになる」気持ちが
弱い子かもしれませんね。

あ~~・・。でも今だから、こうやってスラスラ言えるけど
新から、パピーを育てるって言うと、ちょっと自信なしだわ~(笑)

今は、現在の我が家のルールを守ってくれて
ワンコも人間も、心地よく暮らせる事と、もう7歳になるので
健康で過ごせる事が目標です♪

また、イロイロ教えてくだしゃい♪
Commented by totozfactory at 2007-02-27 23:46
くらくらしゃん>>
でしょ?^^
くらくらさんの努力があってこそ、クラちゃんが何の問題もない、良い子になったんじゃないの。
たとえ、クラちゃんが放置したとしても大した問題も起こさず、暮らして行けるような「従うべき者」だったとしても、なんでもかんでも自由を許すと、必ず小さな問題が出るはずです。
例えば、何かをさせたあと、文句行動を起こす(飛びつく、吠える)とか、犬の気分次第で、いう事を聞いたり聞かなかったりするとか。
クラちゃんがもともと穏やかな子だったのもあるでしょうけど、でも、くらくらさんが、きちんと躾をし、ルールを決めたのが何よりですよ。
うちだって、トトで楽した分、誰かさんで苦労しまくってますけど、でも、やっぱりどの犬もみんな違うって思う。
ラブ100頭いたら、100の個性、100の気質があると思いますよ。
トトちゃんも8歳だけど、今日も弟いじめは絶好調でした(笑)。
Commented by 小太郎の母 at 2007-02-28 00:01 x
巣、それはまさに巣だよ、トト姐さん。巣は人間にも必要だと思う昨今。実はダンナには家の中に巣がないので、落ち着かないのです。
 ダイきちの場合、「ハウス」だけは完璧です。しかし過去には用意したハウスが気に入らずに嫌がらせのションベンされたことも。場所とか広さとか天井があるかないかとか、そこは巣だけに、気に入らない巣では入らないのですね。フェンスのあるなしは巣の必須条件ではない模様。逆に言うとフェンスがあっても快適なら気にならないらしい=「檻」ではないのですなー。
 一度ハウスに失敗したヒトも、それはたまたまだったと諦めないでほしいです。犬のためにもねー。
Commented by るりぽん at 2007-02-28 01:01 x
>「仕事」をしなくても良い場所
そうですよね。 巣から一歩出ると、ずっとお仕事なのですもの(笑)。 
心身共に充実して群れのために仕事をこなせている犬というのは、巣に帰るとバタンキュー(笑)。  仕事熱心な犬を仕事から解放して休ませるには、巣というプライベートな場所でなければ難しいくらいなのかもしれません。 そう感じる理由は、近ごろの大和の様子からです。
Commented by るりぽん at 2007-02-28 01:01 x
大和は近ごろ、クレートに入って休むのにも許可をもらう必要があるとまで思っているふしがあります。 以前は疲れたらいつの間にか自分から入って寝ていたのに、今は扉を開けておいても「ハウス」の指示があるまで入りません。 なんか、変わってきたのです。
1日が終わるころ、いかにも疲れていそうなのに、それでもがんばってリビングのドッグベッドに居たりして。 で、そのうち、強引にそこで眠ろうとして、足でガリガリとベッドメイキングをやり出す。
ある日、それを見た途端、思ったのです。 犬を「丸一日の一連の仕事」から解放してやることも、リーダーとしての大切な責務なのだと。 そうしてやらないと、部下はいつまでもまっすぐな気持ちでお仕事を続けちゃう。 
「これまで気づかずにごめんよ・・・」とちょっと反省しましたが、過度に反省するとまたつけ入ってくるからやめときます・・・。 (-_-;)
Commented at 2007-02-28 14:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 3doglife at 2007-02-28 21:56
巣っていい表現だなぁ・・・
寝られればいいんだよね、巣だから。
閉じ込める檻だと思うから、大きさが必要になる。
鳥やげっ歯類みたいに、トイレ付きワンルームにしちゃうと、それは・・・
ドッグパークの犬と同じストレスが掛かる。
たまに出して遊んだり抱いたり、散歩に行っていてもね。
イエイヌは巣から出たら人の生活圏で共生するからイエイヌ。
だから動物園では、正しいイエイヌの生態を見せることができないんだって。

Commented by nara at 2007-02-28 23:52 x
お久しぶりにお邪魔いたします。ジャックの三吉と暮らしておりますnaraです。
いつもこっそりコソコソこそ見させていただいて、うん、うんと一人うなっているのですが、今回のクレートの記事にはそのうなずきが非常に大きく、コメントさせていただきました。
我が家の三吉は、もともとの性格なんでしょうが、とてもおっとりとしてジャックらしいハイパーさがなく、有難いことに、しつけ教室にも通ったことのないワンコ素人の私たちだというのに、特に問題なく2歳を過ぎました。もちろんハウスに入るのも問題なく、共働きなので、最後に家を出る夫が身支度を始めると毎日自分から進んでハウスします。
Commented by nara at 2007-02-28 23:53 x
スミマセン。続きです。
今年になってから、今まで食事は私たちより先にあげていたのですが、私たちの食事が済んでからあげることにし、その間、ハウスで待ってもらうようにしました。それからというもの、なんとなく私たちとの関係が変わってきたんです。何がといわれるとコレというものがなく、答えに困るのですが、なんとなく・・・。
どのしつけ本を見ても、食事は飼い主の後と書いてあり、それがどれほどの意味をなすのか分からずにいましたが、それを実行して微妙な変化が感じられ、三吉にとってはハウスはおそらく落ち着ける場所で、その落ち着ける場所で静かに待っていられるということが、このトトさんの記事で深く納得のいけることに思えたんです。
ダラダラと意味不明なことを書き綴ってしまいましたが、いつも色々勉強させていただいており、そしてこれからも色々と教えていただきたいなぁと思っております。ありがとうございました。
Commented by totozfactory at 2007-03-01 00:09
母さま>>
なんだか哀愁が漂ってるトトちゃんの巣です。たもちんのケージの方が立派だけど、ま、屋根があることが重要、なだけなので、破れた(しかも斜めに傾いている)メッシュケージで寝てもらってますわ。
中でトイレをしてしまう犬は、その「巣」がデカイという場合が多いと思いますが、どないでしょう?
仔犬の時は仕方ないと思いますが、大人になったら長時間中に入れておく必要がないのなら、「巣」はその犬が体をクルリと回せる程度の広さでいいと思いますし、高さもあまり関係ないと思いますわ。
犬ぞりの犬達は「鳩小屋」みたいな小さな箱に入って遠征したりしますが、体の大きさギリギリの方がかえって安心するようです。首輪を持たれて「ニョローン」と出てくる様子が可愛いです(笑)。
自分の家だけでなく、様々な条件が犬の生涯考えられるので、やはりハウスの躾はしておいて何も損はないと思いますね。

Commented by totozfactory at 2007-03-01 00:14
るりぽんさん>>
あはは^^
大和っち、かなり遠慮深いじゃないですか~。
「巣」で美味しいオヤツを食べるとか、何かお楽しみをしてもいいでしょうし、そのうち何も言わなくても黙って入ってると思いますよ。
精神的に安定してない犬は「ベッドメイク作業」をひつこくやったり、くるくる、くるくる、といつまでも回って、いい加減バターになるぞ、という時に「どさっ」と横になったりするようです。そしてちょっとした事で、また立ち上がり、ガリガリ・・くるくる・・をするのだと、堀さんは言ってました。
たもんも以前はひつこく「わっせ!わっせ!!」と布団をかき集め、それを抱えて口いっぱいほおばり、チュパチュパチュパ・・とカミカミした挙句、穴を開けたり興奮が高まってビリビリしたり。
眠るまでの時間がかなりかかってました。「巣」ですら、彼にとっては安心できない場所だったんでしょうね。家の中にひとつもリラックスできる場所がないのは、不幸な事だと私も反省したんです。
Commented by totozfactory at 2007-03-01 00:18
鍵さん>>
りょーかいでーす。えらく大変ですなあ。
最初はケージの扉を閉めておくのは必要だと思いますよ。条件が強化されてくると、開けていても問題ない状態になるかもしれませんが、それは犬によると思います。
たもんも、今は強制的に「そこにいなさい」をしないと、いくらでも外に出てきます。自主的には夜以外は入りません。
ハウスのコマンド一発で入るのは、良いことですよ。犬の気分によって入ったり入らなかったりすることが問題なのだから。

Commented by totozfactory at 2007-03-01 00:24
3どっぐさん>>
うちのババチィケージ達は、まさに「巣」と呼んだほうがいいんじゃないかと思うくらいですわ。オサレ度ゼロ。
例えば、長時間そこに入れておかないといけない場合には、ある程度の広さは必要だと思います。
それが出来ない場合で、部屋フリーがあまりにもデンジャラスな犬は、大きなサークルの中にケージを入れてやるようにすれば、「家に戻ったら毎日ウンコシッコふみふみの阿鼻叫喚」は避けられると(笑)。
普通に寝る程度の時間なら、狭い方が犬という動物には適切だと思います。
動物園で犬って飼ってるの?
他の犬科の動物も、穴を掘って巣にしている動物が多いと思う。
イエイヌも家畜だけど、そういう本能はちゃんと持ってるものね。
だからうちの犬も穴堀は大好きなのだ(笑)。
Commented by totozfactory at 2007-03-01 00:28
ならさん>>
もともと、大変良い関係を築けていた上に、さらに良い状態になっているのですね^^
堀さんは「食事の順番は大して重要ではない」と言ってます。
ならさんの素晴らしいところは、三吉さんに「きちんとルールを理解させ、守らせていること」だと思いますよ。
それがどんな事であれ、生活の些細な事であれ、気分次第で守ったり守らなかったりするのではなく、きちっと決めたことを犬に守らせる。
そういう毅然とした姿勢が三吉さんに伝わるからこそ、素直にしたがっているのだと思います。
三吉さんにとっては、信頼できるリーダーなのですよ。
こちらこそ、正しいリーダーを教えていただきたいくらいです(私がダメ飼い主なので・・)^^;
Commented by 3doglife at 2007-03-01 02:50
いや、「だから動物園にはイエイヌがいないんだそうです。」が抜けました。
留守中は、まーその・・・人間側の被害を最小限にするために行動範囲を制限するワケで、それとハウス(巣)は意味が違うと言いたかったのです。
るりぽんさんへのレスにある行為、やっとWちゃまがメシ前以外しなくなりました。
自分でイソイソとハウスに戻って、ひとしきりやってから落ち着くんですが
以前はもっと長くもっと頻繁でした。
この行為を「可愛い癖」「オッパイ恋しくて子供みたい」と書いているブリーダーやトレーナー(モドキか?)を多く見かけて呆れています。
私にとっては、なくなったら一安心なんだけどな。ってね。
新しい犬が入ると(それが問題犬なもんで)先住犬にも多少動揺と不安が見られ、落ち着くのに個体差があるところが面白いです。
たもちんの巣、たぶん我が家の臨時に出す「入院室」と同じだわ。
元はラブの移動用だったから、もっと古くてドア位置が違います。



Commented by totozfactory at 2007-03-02 01:07
3どっぐさん>>
あ、なるほど~~(笑)。そうだよね。
うちも、たもんは長い期間、家の中でも係留してました。最近になってやっとフリーに出来るようになったの。
堀さんの躾を教わると、一つ一つを直したり教えたりしなくても、全体が少しずつ良い方向に向かって変化していくのを、ウチの犬でも感じる。
ただ、劇的に変わる犬と、変わらない犬がいて、ウチのは変化が遅い方だと思う。だからこそ、他の人達にも、少しずつでも努力をすれば方法が間違ってなければ絶対良い方向に変わっていくと言いたいのです。
ウロウロするのも、毛布を噛むのも、精神的なものだと、気がついたのもこの躾のお陰です。
この躾はとにかく「安定した精神状態」を心がける躾だとしみじみ感じます。
たもちんの「巣」、結構使ってる人は多いのだけど、この横腹に扉があるタイプが少なくて、当時は探すの大変だったの。
この扉のお陰で、エリカラつけてても器用に中に入ってました(笑)。
Commented by るりぽん at 2007-03-03 20:22 x
>精神的に安定してない犬は「ベッドメイク作業」をひつこくやったり
そうそう。 あれをやっている犬の姿を観察していると、犬の精神が乱れていたり、疲労している印象をいつも受けます。
クレートに入ってしまえばそれをしないってことは、やはり、落ち着くんですね、大和にとっても巣は(笑)。 もうちょっと、入ることに遠慮しなくていいように取り計らってやらないと(笑)。
タズちゃんは自分からクレートに入って休むことは正当な自由だと分かっているんだけど、大和は解除を待ってしまうタイプ。 不器用なだけに、こちらが気をつけてやらなきゃ。^^;
Commented by totozfactory at 2007-03-04 01:56
るりぽんさん>>
イライラしてるときも、ひつこくまわったりしますよね。そしてすぐ立ち上がったり。
うちのボンは気を遣うという言葉は彼の辞書には全くないようで(または打ち消し線で消されている)、「基本的には入りたくない」と思ってます。だから昼間開けておいても、入りません。また、自分の意に添わないときにハウスをさせると、毛布をチュパチュパしようとします。明らかにストレスのはけ口を毛布に求めてます。
放置しておくと破くので、咥えたら止めるようにしてます。結局こういう犬は条件を強化するしかないんだろうなと思います。
悪しき条件(毛布を噛むことやウロウロすること)も簡単に強化されてしまう犬だから(涙)。
by totozfactory | 2007-02-27 14:28 | 犬のしつけ・訓練 | Comments(20)