今日もトト日和 TOTO'Z FACTORY フォトグラファー&デザイナーの秋山伸子です。お仕事のことや日々のあれこれを綴っています。写真のサムネイルをクリックで各記事をご覧いただけます。

毒草を飾る

a0034287_0294248.jpg

「春色の汽車に乗って海に連れて行ってよ♪」と聖子ちゃんの唄にもあるように、春の花スイトピー。
バーグのお花として飾っているのだけど、いろんな色が出ていて、香りもかなり強い。栽培種として様々な色があるスイトピーだが、イタリアのシチリア島が原産で、野生状態ではレンガ色だったと言われている。
学名「Lathyrus spp」のラテン語ラティルスには「暗い赤褐色が混ざっている」という意味がある。

このフワフワとしたレースのような可憐な花には恐ろしい毒があるというのを、皆さんはご存知だったろうか?

『それもちょっと食べたら口がしびれるとか、心臓がドキドキするといった可愛らしい毒ではなく、骨に異常をきたす頚椎マヒにかかるのだという。脚がマヒしてひざが曲がらなくなるため、カタカタと棒のようにしか歩けなくなる病気で、なんとも不気味な症状があらわれてくる。』
<植松 黎 著「毒草を食べてみた」より>

毒は花、葉、サヤ、豆(種子)全てに含まれ、生はもちろん、火を通しても毒性は失われない。
病名はそのまま「ラチリスム」という名前で、骨そのものに異常をきたす「骨性ラチリスム」と、神経から骨にくる「神経性ラチリスム」に分けられ、動物は「骨性ラチリスム」、人は「神経性ラチリスム」にかかることが分かっている。

スイトピーは観賞用しか私達は知らないが、食料事情の悪かった頃は栽培され、食用にされていた。不幸なのは本当の食用の豆の「ヒヨコ豆(マメ科ヒヨコマメ属 学名キケル・アリエティヌム)」と同じ名前をつけられてしまったことらしい。
スイトピーの仲間のヒヨコ豆は学名はラティルス・サティバ。マメ科レンリソウ属であり、全く種類が違うにもかかわらず。

ヨーロッパでは、現在は間違って食用に栽培され、ラチリスムにかかるという事故はない。
それでもアフリカでは現在も痩せた土地でも育つということで、毒のあるヒヨコ豆が栽培され食べられている。大量に食べなければ症状は出ないのだが、症状が出たときは残酷にも働き手である若い男性がラチリスムにかかる率が高いという。

私はこういう毒草の本が結構好きで読んでいる。なので観賞用の植物には毒をもつものが案外多いのが分かっているので、家の中には栽培種の花は飾らない。ウチの猫達は花を飾ると齧ってしまうからだ。犬を庭に出すと決めたときにも、以前から庭にあったスズラン(これも猛毒です。間違って食べたら死亡します。)も口が届かない場所に移動した。
こうして花を生ける時も、切った茎や葉は、埋める方の生ゴミには入れず、燃えるゴミに出す。埋めた後、またトト達が掘って食べてしまう可能性がないとは言えないからだ。

ペットを飼う皆さんも、花を植えたり飾ったりする時には、毒性がないかできるだけ調べてください。どの毒がある花も、スイトピーに負けないくらい、猛毒なものが多いのです。
例えば百合の花は猫では死亡する場合もある猛毒です。

こうして室内(仕事部屋なので猫は入ってこない。トトはこういう花は口にはしない。)に花が飾れるのも死者への花だからか。

去年から今年にかけて、大好きだった友達のパパ、犬、猫が次々と旅立って行く。
寂しいなあ・・・。もう悲しいのはイヤだ。
[PR]
Commented by demi_zo at 2007-03-05 08:25
ヒエェーーー、スイトピーがねぇ。。。くわばらくわばら。
けっこう危険がいっぱいやね。。。どんなに綺麗な花でも あつかった後は人間も手を洗わなくっちゃね。
Commented by とししげ at 2007-03-05 09:19 x
スイートピーは知らなかったわ~。
私は毎年朝顔を育てているのだけど、この種にもアルカロイドが含まれているから、種まきの時、落としたりして犬が口にしないようにかなり気を遣います。
朝顔栽培友達の所では、朝顔畑の側に日本ミツバチの巣が沢山出来て蜂蜜も沢山採れたんだけどね( ̄ー ̄)ニヤリ
大丈夫かな?
なんて話しもしてたりしてなかったり・・・・・
らりっぱっぱるより先に下痢がひどくなるらしいけどね>種
元々下剤だしね~>牽牛子

当然、我が家も夏は朝顔畑状態に近くなるので、犬は庭へは出禁です。
つか、構造上、出口を塞ぎきれないんで、出せないっつーのが本音・・・・(大々的に柵の工事をしないとどうしようもないの・・・・・)
Commented by たろいも at 2007-03-05 13:35 x
寂しいのに、そこにたむけられた花が綺麗(純粋)で、それがまた悲しいのかな。

スイートピーの毒知らなかった!花びら1枚程度なら平気なのですか?(アイツのご飯にちょっと混ぜたい!とイヂワルな発想をした私を許してちょんまげ・・・)
Commented by 小太郎の母@プチ復活中 at 2007-03-05 13:54 x
園芸用として植えられている植物、有毒なの多いですね。有名どころではキョウチクトウ。前の住人が残していった大木を引っこ抜きました。ツツジを食べた放し飼いのリクガメが中毒死したという話も聞いたばかり。綺麗な花には毒があるのか??最近気になるのは野生化しつつあるランタナ。たわわ~に実をつけてます。やれやれ
Commented at 2007-03-05 22:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by totozfactory at 2007-03-06 00:09
でみちゃん>>
まあ普通にハサミで切ったりする分には害はないよ。食べたりしなければね。ただ、切ったときに出る汁でかぶれる場合もあるから(花によっては)注意も必要かな。
母さまが言ってる「きょうちくとう」も猛毒ですぞ。花も葉も、茎から出る汁も猛毒です。あと、燃やした煙もね。
植松さんは著書の中で「きょうちくとうは汚い空気にも強いので、高速道路の花として植えられているが、車の炎上事故があった時には、その恐ろしさが発揮される」と書いてますぞ。
園芸種は本当に毒があるものが多いのよ。気をつけないとね。
Commented by totozfactory at 2007-03-06 00:11
とししげさん>>
ミツバチって、朝顔も集めますか?集中して集めるようにはあまり思えないので、もしかしたら、その場所が安全で気に入って巣にしてたのかもしれませんよ(蜜は別のものを集めていた)。
気になるのなら、少し食べてみて、異常がないか試してみるしかないかな(おい)。ミツバチが集めたハチミツでも、時々中毒事故は起こるようですね。下痢くらいならまだしも、痙攣とか起こしたら大変だものね^^;
Commented by totozfactory at 2007-03-06 00:15
たろいもさん>>
どうなんでしょう?花一枚にどれくらいの毒の成分が含まれているか、また、致死量はどのくらいかまでは私も分からないんですけど・・・。
ちなみに、スイトピーの毒成分は
「ベータ-N-<ガンマ-l-グルタミール>アミノプロピオニトリル」という長ったらしい成分名が記されてます^^;
Commented by totozfactory at 2007-03-06 00:18
母さま>>
うちの犬達もツツジを齧ったりするのよ~~困ったなあ。
葉っぱをムシャムシャ食べてはいないけど、穴掘って根っこを齧ったりするので怖い。動物なんだからそのあたり本能でかぎ分けてよ~~と言っても無駄なのかな。植物は庭に一杯あるから、全部抜かない限り安心できないのが辛いところ・・。
ランタナはうちの辺りは寒いので、全然繁殖できまっせん。和歌山だと大木になってるのにね。ブーゲンビリアとかハイビスカスとか。^^;
Commented by totozfactory at 2007-03-06 00:19
鍵さん>>
うあああ~~~やっぱりそうですか・・・。
貴重なアドバイスありがとうございまする。
うう~~さよなら!諭吉!!
沼や・・ますます沼や・・。
Commented by とししげ at 2007-03-06 06:54 x
うん?
朝顔畑は、変化朝顔会の種採り用の畑なので、1000本くらいあったかな?
畑の回りに3つくらい巣が出来てたそうですよ。
ちなみに自宅用(系統維持用)に育てていても、5~60本くらいは軽く・・・
ああ、そろそろ畑をほじくり返して準備しなけりゃぁぁ。

ちなみに蜂蜜。
味見はしてみたいけど、ちと恐い蜂蜜だよね、ってネタで盛り上がってたわけですよ。
残念ながらまだ味見の機会はないんですが・・・・
Commented by totozfactory at 2007-03-06 14:53
とししげさん>>
それはちと怖いハチミツですね^^;
でもちょっとだけ味見してみては?ジャンケンで負けた人が食べるとか(罰ゲームか)。大丈夫下痢くらいですから(おい)。
by totozfactory | 2007-03-05 00:54 | 日々のこと。 | Comments(12)