今日もトト日和 TOTO'Z FACTORY フォトグラファー&デザイナーの秋山伸子です お仕事のことや日々のあれこれを綴っています 写真のサムネイルをクリックで各記事をご覧いただけます

相互理解 爪切りの憂鬱解消

たいていの犬が(猫も含め)爪切りという行為は嫌いなのではないだろうか。
我が家の犬も御多分にもれず、「出来れば死ぬまでしたくない」ほどの嫌がりっぷり。



ガウガウだった頃のたもん(今でもそうですけどね)の抵抗はそりゃもう激しくて、マズル(口輪)をしないと絶対ザクザクに噛まれていただろう。
きちんとフセをさせた後でも、少しでも手を持つと「うがああっ!!」と跳ね起き、ガガガ!!と強く噛んできていた。

特に前足がイヤで、少しでも触ろうものなら「イヤだっ!触るなあっ!!」とあらん限りの力を振り絞り、暴れまわり、切るなんて行為絶対させなかった。

それでは困る。のだ。

トトの抵抗は「ああ~~やめてぇ~~」という程度のもので、頑張って手を引っこ抜こうとするくらい。噛んだり怒ったりはしない。鼻水垂らして世界で一番悲しい私を演出してみせる(無駄な抵抗)。

たもんの暴れっぷり怒りっぷりには、当初から困っていて、堀さんにも相談していた。
一応やり方を教わったのだけど、どうしてもうまく行かなくて、抵抗は相変わらずだった。

爪切りと思うだけで私も憂鬱になる。緊張する。
その緊張がたもんにも伝わり、お互いが緊張と格闘のデフレスパイラフ(意味不明)になっていたのだ。私もイヤなのでつい日が開いてしまっていた。(そしてますます爪が伸びる、抵抗が激しくなるという悪循環)

それでも、躾をしていくうち、なんとかかんとか、後ろ足は切らせるようにはなった。
「はい、ネンネ」というと自分からゴロンと横になり、脱力してくれるのだが、前足を持つとバッ!と飛び起き「イヤだっ!イヤだからねっ!!」と逃げようとする。

「逃げさせてはいけない。」という鉄則通り短く係留し、ガッチリとリードを踏んでいても、あのバカ力でローリングされたら私だってこらえられない。

基本は係留し、犬を立たせて人の体で上からガッチリと(しかし優しく)ロックをし、絶対に逃げられないようにしながら、黙って切ることだ。
足を持って「うがっ!」と犬が暴れようとしたら、じっと待ってやる。
しばらしくして静かになればまた切る。
(あまりにも怒って暴れる犬にはもう一段階不快刺激が入るのだがここでは割愛)

大事なのは
「絶対叱らない」
「犬が納得するまで待ってやる」
「逃げさせない」

本来は何時間かかっても最後までやり遂げるのがよいのだが、1日爪一本でもいい。それを毎日やってもいい。これはイヤな事でもそれは大した事ではないという躾として、心理学で言う曝露法や洪水法とも呼ぶ方法で、音響シャイを直す方法もこれと同じ。

たもんは室内で係留し、立たせて切るというのが難しかったので、ゴロリと寝てもらっていた。
彼が落ち着いているときは、30分ほどで全部何とか切っていたのだが、それでも前足の抵抗は強く残っていた(結局切らせるのだが)。

彼が横になっている姿勢で、私が前に座って切る、というのはやはり「一体感」が足りない。
つまり「相互理解」がない状態なのだ。
それはやっぱりイマイチだな、と感じていた。彼の抵抗もこのあたりにあると思った。

立たせて切ることは出来ないけれど同じような姿勢で切ればもう少し変わるかもしれないと思ったのは大正解だった。

係留し、彼をフセさせる。
切りたい手の反対側に私が座り、彼に上から覆いかぶさるように右手で首を抱き、左手で足を持つ。(この場合は左足)
体を密着させ、首をロックしている形だけど、別に力も入れていない。肝心なのは「密着させる」ということなので、きつく抱いてはいけない。

この時絶対声をかけてはいけない。
前足を持つ。
ビクッ!とした時は、黙ってじっと待ってやる。
体はぴったりと密着して「相互理解」をとっている。

そしてパチンと切る。
ヨシヨシ・・・と首をさすって優しく撫でてやる。
また足を持つ。切る。の繰り返し。

反対側の足の時は、体の反対側に移動して密着してもいいし、そのままでも、とにかく体が密着できていれば、たもんは驚くほど大人しく切らせることが分かった。

やっぱりそうだよ。一体になってなかったんだよ。
それでも前足以外は切らせてくれてたが、やはり不安だったのだろう。

今は口輪すら必要ないくらい、たもんも落ち着いて黙って切られている。

前足、特に外側の2本の爪は「命かけて抵抗するぜ」というほど抵抗していた。
手で触るのはいいのに、爪切りの金属が当たった途端、ビクッ!と手を引っ込める。
イヤなんだな、気持ち悪いんだろうな、と思うが、その爪を切らないとものすごく長くなってしまうのだ。無理やり手を持つと、立ち上がり逃げようとしたり、怒ったり。


それがこの方法にしてからは、抵抗なし。
少し引っ込めようとしても、その時は黙って首を抱いて、待ってやるとすぐに抵抗をしなくなる。
同じように手をグッと持っても、反応が全然違うのだ。

トトも、対面して切っている時は、必死で手を引っこ抜こうとしていたのだが(大した抵抗ではないにせよ)、同じ方法で切ると、より一層楽に切れた。

相互理解、一体になる、というのが本当に大事だと、今更ながら実感している。

爪切りに激しい抵抗をされる飼い主の皆さん、ぜひお試しあれ。
堀さんの躾に通ってる方も、相互理解がイマイチ、ピンと来ない方は、こういうやり方でも実感できます。

上記の基本
「絶対叱らない」
「犬が納得するまで待ってやる」
「逃げさせない」
「何時間かかっても最後まで(たとえ爪一本でも)やり遂げる」
は同じ。

そして一番大事なのは「一体になる(体を密着させる)」です。

*動物病院でも見事な暴れっぷりを見せる犬はぜひ同じ方法で保定してみてください。驚くほど犬が静かになります。それでも噛み付く危険のある犬は口輪も併用することが大事です。
[PR]
Commented by たろいも at 2007-03-09 17:31 x
ふむふむ、なーるほどねぇ。
で、できれば一体化したお姿なぞ見てみたいと思ったのは私だけ?
Commented by るりぽん at 2007-03-09 22:44 x
>今更ながら実感している
犬たちの反応を意識しながら共に生活をしていると、こういうことってありますよね。 私は今、シーザーのいう、リーダーとしてのエネルギーの放出について、「うおー!こういうことだったのか!」と今さらながらに実感。
リーダーとしての安定した、穏やかで毅然としたエネルギーを維持しながらも、ちょこっとその放出を「操作」するだけでも犬に通じることを身をもって知り、ガガーン(衝撃)! まだまだ知らないことが多すぎます、私。 日々、修行中。
Commented by 3doglife at 2007-03-09 22:59
足を上げさせるときにも、コツがありますよね。
馬だったらどうする?といつも考えるのです。(相手がチワワでも)
カラダを密着させて安心感を与え、体重移動させると軽く上がります。
あとはその足を関節に逆らわず曲げて下から支えるようにしてパチン!
一部のトリマーさんとブリーダーさんはやってるはずですよ。
たまにトリミングショップで、関節痛めるぞ~って扱いを見てゾッとします。
深爪して出血しても動じないように、小出しにした止血剤を手元に置いておくようにしています。
捨ててる方がおおいじゃんってダンナは不服そうですが、老眼&不器用で私が怖いんだもん。

Commented by totozfactory at 2007-03-10 00:27
たろいもさん>>
誰が撮ってくれるねーん。と突っ込み。
土日にしたらダンナに頼めるやろうけどなあ・・。
いや・・お見せするほどの姿では(というよりお見せしたくないかも)。
Commented by totozfactory at 2007-03-10 00:30
るりぽんさん>>
例えば、シーザーの本なり、心理学の本なり、読んで頭で理解するのと、実際体験して実感するのと、同時に綾織のように重なって初めて理解できるというか、納得できますよね。
ああ、あれはそういう意味だったのか、とか。
「毅然と」「強いエネルギー」とか全然わかんねーよ!って人間なので、なんとなく実感できた時は、なんだか不思議です。
言葉では言えないし、文章にも書けない「ああ、こういう感覚」ってのがありますよね。それを生まれながら出せる人と、私みたいに全然トンチンカンな状態なのと、同じなワケないっ(えばるな)。
Commented by totozfactory at 2007-03-10 00:35
3どっぐさん>>
馬だと人が逆向きに向いて足首で曲げて持ってる?(蹄鉄の職人さんとか)
密着させて体重移動、これはほんとまさに、よね。

たもんは、何軒かの動物病院で診てもらったことがあるのだけど、看護婦さんがワーワーたもんに声をかけて、なだめてすかして、とするところが一番興奮して怒って暴れて噛み付こうとして、です。
今まで一度も怒らなかった病院の看護婦さんがまさにこの方法でした。
2人がかりでたもんの体に自分の体を密着させ、2人で息を合わせて自分達の方に体重を移動させ、ゆっくりとたもんを持ち上げ、診察台に乗せ、そのまま保定してました。声もかけず、ひたすらじっと。相当訓練されてると思いました。
一人は首をしっかり抱いて、時々首に快刺激を入れてました。もう一人は下半身をしっかり抱いてじっとしててくれました。この病院がたもんは最もガウガウの時も、全く興奮しなかったんです。
保定の仕方も、家でのこういう手入れも、やっぱり同じだと思いますね。
うちは深爪も怖いし、クイックストップも沁みて痛いから、爪切りは消極的な切り方です~(先を切るだけ)^^;
Commented by deme at 2007-03-10 08:30 x
うちも、病院での「いい子いい子!撫で撫で攻撃」で逆に興奮を煽られていたことを実感し、今年から爪きりトライ始めました。
立たせては難しいものですから、ごろんと横にしますが、まだもがきます。とにかく彼があきらめるまで譲りません。私の手元に口を持ってきたらマズルにパンチです。リードを短く踏み、もう一方の足をマルコの体の上にのせます(足で抱え込み状態)。
本当なら力をぬいて顔を床に置いたままが理想ですが、不安一杯なのでしょう、爪に爪切りが当たるとピクッと顔をあげてジーッと見つめます。私も注射は刺されるところをジーッと見て呼吸を合わせないとダメなもので、似ているのか?と馬鹿なことを考えています(^^;)。
いずれにしても、自分が何をされていて、それは落ち着いて受け入れればよいということを納得できる冷静な頭をつくっていくことが必要だと思っています。
(ブログ引越したものですから、URL記入させていただきました!これからもよろしくお願いいたします。)
Commented by totozfactory at 2007-03-10 23:02
でめさん>>
マルコちゃんも、上記の方法でやってみてください。足で押さえるより落ち着いてくれると思います。
うちのボンも、この方法だと暴れて怒ってえらいことになりますが、上記の方法だと驚くほど落ち着きますよ。
顔を見てきたときは目を見ないで知らん顔しててください。「やめろ」って言ってるので、無視するのがよいと思います。ピクッと足を引こうとしたら、少し待ってやってもいいと思います。
上記の方法で体を密着させ、こちらも緊張せず(伝わるので)、毅然と堂々とした態度でやってみると案外素直に切らせてくれるかと思います。
マズルガードをつけている方が、人間の気持ちが楽な場合も多い(噛まれるかと思って緊張するから)ので、口輪をするのも手ですよ。
格闘の場合は、うちのボンは絶対諦めないし、興奮が余計に高まるので、結局時間ばっかりかかって、「そんなに騒ぐほどのことではない。イヤな事ではない」という学習が全然されてない状態でした。
諦めるにしても、結局学習をさせないと繰り返す(多少反撃はゆるくなるkど)だけだったと、私も改めて実感してる次第です。
よかったらマルコちゃんにも一度この方法でやってみてくださいね。
Commented at 2007-03-10 23:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by totozfactory at 2007-03-11 00:12
鍵さん>>
あっ!!いえっ!!!そんな!恐縮ですっ!(梨元さん口調でお願いします)
私なんて、全然ですよ~。トホホ代表ですから。
同じ轍を踏んで欲しくないのよ~~踏んだら大変なのよ~~との思いだけですから、「踏むか!ボケッ!」くらいのノリでお願いします^^;
頑張ってぇ~~。お話を聞く限り、手ごわそうなのが分かります。
でもその頃はみんな「大魔王」なんですから、ほんと頑張って。応援してます^^
Commented by oCOCOAo at 2007-03-12 05:37
また来ちゃいました。
躾を全部読ませてもらったんですけど【なんで?】って思った事が一つ…
やっぱり気になって聞きにきちゃいました。

読んでいて【たもんクン】は凄く強そうなドーベルマンだと感じたんですけど
トトちゃんの方が上なんですね?
なんでたもんクンは大人しい?トトちゃんが上だと認めてるんですか?
犬同士、強い方が上だと思ってるんですけど間違い?トトちゃんの方が強いんですか?
素人質問ですみませんm(__)m
読んでからずっと気になっちゃって(^△^;

後、トトちゃんの怒った顔…こわいです(T-T)
ドーベルマンのこんな顔初めて見ました。
あまりにすごい形相で
2回だけ見た事あるサラの鼻にシワ寄せた表情なんて…
シワ寄せたうちに入らなかったんじゃないか???と…しかも一瞬で終わったし( -"-)

お邪魔しましたぁ〜
こんな質問で恐縮です(私も梨元さん使わせて頂きましたッ)
気が向いた時に答えてやって下さい(・ω・A;)
Commented by TOTO'Z FACTORY at 2007-03-12 10:53 x
ここあさん>>
例えば本気の噛み合いのケンカ(いわゆるケンカ)になったら、トトは叶わないと思いますよ。そういうケンカは、2頭ともしたことないのですが。
いわゆる肉体的な力は、たもんの方が圧倒的に上だと思います。
でも、「エネルギー」の方では、トトが上になってるのです。
たもんが来てからも、私は徹底的にトトを上位の犬として扱い、優先しました。そういう態度と、オスとしての正しい本能(メスには遠慮する)が、たもんに「順位逆転してやろう」という気持ちを起こさせないのではないでしょうか。でも、うちの2頭はベッタリ仲良しではなく、ライバルのような関係みたいです。たもんも一生懸命セコい意地悪をして「ボクが上」と主張しますが、トトが許さないし、私も許さないのです^^
先住犬と後から来た子がケンカになるパターンとして後から来た子を飼い主が優先してしまう、というのも案外多いんです。家でもたもんを私が溺愛し、優先したら、きっと逆転してたでしょうね。
Commented by oCOCOAo at 2007-03-13 02:58
やっぱり力じゃトトちゃんは敵わないんですね。
力じゃなくエネルギー…
それは犬同士だけでなく人間と犬にも言える事ですか?
理屈でなんとなくわかってもなかなか直ぐに全部【理解】出来ないです。
難しいですね。
今日は昼から訓練。
限られた時間の中、しっかり勉強してきます。
Commented by TOTO'Z FACTORY at 2007-03-13 11:38 x
ここあさん>>
もちろん。
犬が人よりエネルギーが強いと感じたら、「支配する者」になろうとするでしょう。犬は自分より強いか弱いかで判断しますから。
そういう意味では、気迫のようなものは、トトも負けてないんだと思います。大人しくて弱そうに見えますが、案外ネーちゃんは強いんです(笑)。
人だって、戦闘能力で見たら、それはもちろんその専門に作られたドーベルマンには男性でも叶わないでしょう。
でもそれだけではないので、人がリーダーとして犬と暮らせると思いますよ。

すぐに全てを理解して、実践できたらプロはいりませんよ(笑)。
なので、少しずつでもいいから、やってみてください。堀さんから聞いた理論と、自分がやってみた結果が必ずリンクされる日がきますから。そしたら理解も出来ると思います。
分からない事は、細かいことでも納得行くまできちんと聞くことが大事ですよ。
Commented by oCOCOAo at 2007-03-13 22:07
こんばんは★彡
今日はいろいろ…たくさんありがとうございました。(専門家に診てもらうのが1番なので主人と相談してレントゲンとりに行こうと思います。)

たもんクンはトトちゃんに怒られた後の顔がなんとも可愛くてガラスごしにすぐわかりました!!
トト姉さんは怒り顔からは想像出来ない程、可愛いくてキレイな目で落ち着いてました(^-^)
悪ガキと大人なお姉さんみたい(*^▽^*)
でも、まさか今日お会い出来ると思ってなかったので驚きました(^△^;

まだまだ始まったばかりだけど、しっかり頑張ります!!やる気だけは一人前!!!
Commented by totozfactory at 2007-03-14 12:10
ここあさん>>
そうですね。早めに行ったほうがいいと思います。

トトちゃんは、普段なああですから。ええそりゃもう「ドベ界のハマアユ(古っ)」ですからね~ほほほ(親カバは放置でお願いします)。
オネー様がケルベロスに変身するのは、あのバカボンにだけですからご安心を^^

ちょっと大変そうですけど、頑張って~~。うちは「躾を怠るとこうなる」という悪い見本の家庭ですからね~~。うちの過去を聞いて「絶対そうはならないわ!」と頑張れば大丈夫!(おい)
Commented by lalalatte at 2007-03-15 20:07
うちの3ワンコは比較的おとなしく爪切りさせてくれるのですが、それでも今までの方法(私の膝の上で仰向きに抱っこする)では体をくねらせたりして抵抗されてました。
で、今日相互理解の方法で膝の上で座らせて犬の体に覆いかぶさるようにして脚を持って切ったところ、すご~く楽に切れました^^

Commented by totozfactory at 2007-03-15 23:12
ミキさん>>
よかった~。
やっぱりお互い不安なんですよね。
驚くほど大人しくしてくれるので、うちも助かってます^^
by totozfactory | 2007-03-09 16:25 | 犬のしつけ・訓練 | Comments(18)