今日もトト日和 TOTO'Z FACTORY フォトグラファー&デザイナーの秋山伸子です お仕事のことや日々のあれこれを綴っています 写真のサムネイルをクリックで各記事をご覧いただけます

えいや!っと。

あ~~サイトのデザインが決まらない。
クライアントの要望はもちろんあるのだけど、ほとんどお任せなのだ。もちろん信頼して任せてもらっているということで、有難いし、その信頼を損ねないようなデザインにせねば、と思っている。
だいたい、トップページのデザインが決まったら、あとはどれをどのくらいのサイズで、とか画像はこういう感じで、とか決まっていく。
あとはえいや!と力仕事だ。(画像加工や、コーディング)
この段階で「やっぱこれはアカンわ」とか「画像はもうちょっと大きく」とかになってしまうと、逆戻りも甚だしい状態になり、余計に自分の首を絞める結果になってしまうので、なるべくきちんと決めてから作り始めたい。
おおまかなセオリーはあるのだけど、画像の配置やタイトルのデザインが決まらないと、次に行けない。うぐぐ~~(←つまりそこでつまづいている)

そんな事を考えていると、人と人とのコミュニケーションってやっぱ難しいよな、と思ったり。
メールのやりとりでも自分はこう思って書いた文章が他人が見たら全然違う意図に取られてしまうことも多い(のだろうなと思う)。普通に書いた文章も人から見たら「なんだか怒ってるように感じる」とか。
では口で伝えるコミュニケーションはどうかというと、これだって皆が皆、同じ感覚を持っているワケではないので文章と同じくらい難しいのではないだろうか。
例えば、サイトのデザイン一つとっても、クライアント側の要望が「ソフトなカンジ」「女性をターゲットに優しい感じ」「さわやかに」と言ったとしても、受け取る側(製作者側)とイメージが違う場合だってある。単純に「さわやかに」と言っても、さわやかの感じ方は人それぞれだ。
そのギャップを埋めるためにプレゼンテーションが必要なのだろう。「こちらとこちら、どっちのパターンがよりお好みですか?」


来週アップ予定のサイトにその時間があるだろか。いや無い(反語)。(。☆)\バキッ!


今回のクライアントは他のサイトも私が製作しているので、だいたいの意思疎通は出来ていると思っている。相手もおおまかなイメージを言えば私がそれに合わせて要望に合うようなデザインをするだろうと思ってくれている。
有難いこっちゃ・・しみじみ。
それでも、それだからこそ、その期待に応えるように作るのはプレッシャ~が大きいのだ。
と、背景を画像にしようかな~とその画像をあ~でもないこ~でもないと何時間もかけて作ってイヤになって書いているブログがこれですわ。
現実逃避さ。ああそうさ。
[PR]
by totozfactory | 2004-08-26 02:23 | 日々のこと。 | Comments(0)