人気ブログランキング | 話題のタグを見る

今日もトト日和 TOTO'Z FACTORY フォトグラファー&デザイナーの秋山伸子です お仕事のことや日々のあれこれを綴っています 写真のサムネイルをクリックで各記事をご覧いただけます

多門先生の芸術

ワタクシの車の運転席に座った、ある方がこう言いました。
多門先生の芸術_a0034287_12301672.jpg

「これは・・・なんですか?」

多門先生の芸術_a0034287_12305025.jpg

これはですね、元々こうだったのです。
カードを挟んだりするものですね。
いえ、今もカード挟んで使ってますけどね。

多門先生の芸術_a0034287_12313971.jpg

手をはなすとこうなります。
この絶妙な傾き具合。均一な螺旋の形状。
まさに上昇する気。太極の図を表したそうです。

これは多門先生がご幼少のみぎりに、溢れんばかりの若き情熱を傾け、製作された作品です。

これは先生の直感・直情的な精神世界が華々しく開花するきっかけとなった作品でありまして、
それ以降、先生は「ペットシーツの破壊・ポリマーの雪を降らせる」や、「布団の破壊連鎖・
部屋中札幌雪祭り」、「安全神話の破壊・シートベルトを縦に裂いてみる試み」、
「どこまでもまっすぐ歩いて行くそして扇風機は倒れて床に散った」
などという、誠にパワフルかつ、ダークサイドな作品を多くこの世に生み出され、ワタクシに
毎日「コロす!」と怒鳴られていました。
「ペットシーツの破壊・ポリマーの雪を降らせる」では、毎日先生の鼻や口に目一杯詰まって、
鼻水やよだれを吸ってベトベトのゴテゴテになったポリマーを「死ねばいいのに」と言いながら
綿棒でかき出したものです。
今思えばワタクシがちゃんと先生の精神世界を理解していなかったゆえの暴言。
浅はかな自分を青いな、と笑ってしまいます。
先生は御身を犠牲にし、命がけでポリマーと戦っておられた。
先生の崇高な精神世界はまさに崖っぷちに立つかのようです。

最近は先生も大物製作への情熱が少し冷めたようで、あまり作品を生み出すことは
なさいませんが、今朝はスリッパを咥えて踊っておられました。
これからは舞踏の世界へと新たな旅立ちをされるのかもしれません。

多門先生の芸術_a0034287_12481637.jpg

常に側にいるものをドキドキさせる。
罪深い先生です・・・。
(この時もクネクネ踊ってトト先生を誘っておられました。)
------------------------------------------------------------

by totozfactory | 2011-05-05 12:44 | 犬たち猫たちのこと。